​飛鳥アートヴィレッジ2017

「ほどけたもの語りとの邂逅」 

2017年11月18日(土)~26日(日)

出品作家:藤野 裕美子、町田 藻映子、山本 紗佑里

プログラム・コーディネーター:山中 俊広(インディペンデント・キュレーター)

会場:南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館

『鬼灯は明かりで、提灯の代わり』

175 × 200 cm    岩絵具、顔料、アルミ箔、麻紙、木材、土

「大事なものは全て土の下に埋まっている」明日香というのはそういう土地だと

取材の初日に役場の職員の方がおっしゃられ、それは今回の取材・制作において重要な位置を占めたように思う。

明日香村には、土葬をしていた頃の墓地がまだ残っているところがある。

既に綺麗に整備された墓地もあるが、私が訪れた地区ではどこも共通して、

遺骨は骨壷には収めず、直接土に埋めるとのことだった。

火葬になっても尚「土に還る」という感覚がそこにはあるような気がした。

お墓や葬儀について語る村の人々の姿勢には、静謐な悲しみの中に、生き生きとした生活感があり

そのコントラストはとてもビビットで

死者の存在をどこか整然と受け止める、堂々とした身構えを感じさせる。

しかし同時に、確かに深い悲しみを抱えてもいる。

お墓にまつわる習慣には、生きている人の死者に対する不思議な距離感がある。

「命は大切だ」と

そんな当たり前のことを、本当の当たり前としてはっきり語ることが

難しいと感じるようになったのはいつからだったか。

私が、なのか。世の中が、なのか。そういうことはいっぱいある。

お墓の話題は嫌がられるものかと思いきや

皆、意外にも生き生きと、そして真摯に語り始め、

更にそのような機会が持てたことを喜んでくださる。

そういう時間には、人の穏やかでまっすぐな優しさが確かにあり

その想いが広く地面に染み込んでいる気がした。

当たり前のことを、本当の当たり前にしていくために

誰かとお墓の話をし合うというのは決して悪くないなと思った。

オープニングパフォーマンス

2017.11.18

ダンス:町田藻映子 (飛鳥アートヴィレッジ参加アーティスト)
ピアノ演奏:岡本三千代(犬飼万葉記念館 館長)
衣装製作:山本紗佑里 (飛鳥アートヴィレッジ参加アーティスト)
映像撮影・編集:石原毅 
主催
「Creative飛鳥・未来への風」実行委員会

後援
明日香村、(一財)明日香村地域振興公社、
(公財)古都飛鳥保存財団、国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所

Copyright © 2018 moeko machida. All rights reserved. このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。

  • Facebook Social Icon