「生命とは何か」を主題に絵画制作を行っています。 更にその絵画がいかなる空間を作るのか、身体にどのような影響を与えるのかを、制作と展示を繰り返しながら考察し、創作を続けています。それは時に、人間という生命について考えを巡らせる作業でもあります。

 

生命が在るということ、それによって影響を受け形成される空間の有り様を、身体感覚を用いて追求するため、一方でコンテンポラリーダンスと舞踏を学び、ソロ活動を行なっています。

 

絵画制作の主なモチーフは鉱物です。鉱物は無機物ですが、結晶を増殖させ、圧力によって蓄熱する等、まるで生命体のようなバイタリティーを持っていると感じられることがあります。

また、鉱物は古くから人間の生活や信仰にも深く関わっており、その性質はあまりにも多様であり、それらを捉えきることは決して容易くはないと感じます。

 

そのような鉱物のバイタリティーを、身体感覚を通して画面上でとらえていくことは、自然世界における生命体の活動エネルギーと、私の身体が同調していくことのメタファーです。

 

My artworks visualize various vital energies. I am interested in how the vital things interact and work as a holistic system. With full use of my physiological organs, I pursue to express my physical feeling and the essence of the life system within the tow-dimensional pictorial frame.

The motifs of my works are minerals, which are painted with natural pigments derived from rocks and stones. Generally speaking, minerals are thought of as inorganic. However, I feel they share a vital essence similar to that of living things. It seems to me that they are holding their heat accumulating energy, and sustaining the ground. Minerals do play various essential roles in human’s everyday life and religious life.

Through my organs, I appreciate the vital essences of minerals. And with natural pigment and brush strokes, I realize the vital essences.

Copyright © 2018 moeko machida. All rights reserved. このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。

  • Facebook Social Icon